メイクアップアーティストってどうやってなるの?
  1. メイクアップアーティストになるには?

メイクアップアーティストって
どうやったらなれるの?

まずはメイクの勉強!

まずはメイクの勉強!

メイクアップアーティストになりたい!と思っても、明確な資格や免許があるわけではないので、何から手をつけたらいいのか、何に向かって頑張ればいいのかわからないという人も多いのではないかと思います。

やるべきことはいろいろありますが、まず必要なのはメイクの技術を身につけること。そのためにはどこかで学ばなければなりませんよね。美容師と違って専門学校を出て国家資格を取らなければなれないという職業ではないので、稀に独学でメイクアップアーティストになる人もいます。それができるかどうかは環境や性格によるところも大きいのではないかと思います。

まず何もできない状態からメイクのプロになるためには、やはりスクールに通うか通信で学べるところを探すか、いずれかの方法をとったほうがいいでしょう。自分ではできているつもりでも、やはり素人には素人の知識しかありません。そして仮にいくらセンスがあったとしても、それを駆動するためには基礎的な知識と練習が必要になってきます。

メイクアップアーティストとして活躍する職場へ就職

では次に、メイクの技術を身につけたと仮定して、そこからメイクアップアーティストになるにはどんな手段があるのかについて考えてみましょう。

①企業に就職する

化粧品メーカーの美容部員やブライダルサロンのメイク部門を担当するのもメイクアップアーティストの仕事です。ただ、企業に就職する形になるため、化粧品開発や販売、事務系の仕事など、メイク以外の仕事を任される局面も出てきます。そして給与形態や福利厚生などは会社員と同じくしっかりした制度で利用できます。

②プロダクションに所属する

タレントや俳優、アーティストなどと同様に、メイクアップアーティストが所属する事務所というものがあります。テレビやCM、雑誌、映画などの撮影や、舞台やショーなどのヘアメイク業務を請け負い、自社に所属するアーティストを派遣するところです。

③プロのメイクアップアーティストに弟子入りする

フリーでメイクアップアーティストをやっている人に弟子入りする、つまりアシスタントとして雇ってもらうという方法もあります。先輩の仕事ぶりを間近で見ながらさらに技術と知識を身につけることができますが、給料は安かったりゼロだったりします。

メイクアップアーティストに向いている人って?

メイクアップアーティストに向いている人って?

メイクアップアーティスト、というと華やかなイメージがありますよね。やはりオシャレやメイクが好きな人が多いので、自分で試して楽しむタイプの人も多いかもしれません。

でもその仕事の真髄は、人を美しく仕上げることです。自分の施したメイクによって人が美しくなることに幸せを感じることができるかどうかがとても重要だと思います。また、自分の趣味趣向に偏らず、その現場で必要とされるものを提供できるかが試されます。それと同時に自分の意志や思いがしっかりなければつとまりません。その両方を持ち続けるには、やはりメイクが好きであること、そしてつねに新しいことを知りたいといった好奇心も必要だと思います。

またメイクの仕事では、相手がどう考えているかをしっかり把握することがとても需要です。そのためにはコミュニケーション力が必須。これから撮影や舞台などの本番を迎えようとしている人に気持ちの負担を与えてはいけません。美を体現する「アーティスト」でありながら、完全な裏方でもあるという稀有なバランスを楽しめる人であればとても楽しくやっていけると思います。

PAGE TOP