メイクアップアーティストってどんな仕事をしているの?
  1. メイクアップアーティストとはどんな仕事?

メイクアップアーティストの仕事を紹介!

メイクアップアーティストとは?

メイクアップアーティストとは?

雑誌やテレビ、映画などの撮影現場や、ファッションショーや結婚式などのイベント、あるいはビューティーサロンなどで、モデルや俳優、アーティストのみなさんをそれぞれの現場にふさわしく美しい姿に仕上げる仕事、それがメイクアップアーティストです。

メイクと言ってもその種類は実に様々で、例えばテレビに映る場合や雑誌用に撮影する場合と、演劇やショーに出演する場合では見られる距離が違います。本人の希望に合わせるだけでなく、観客やカメラからの距離や、自然光か照明かなどの環境に合わせたメイクが必要になるほか、1人ひとりの肌質や顔の形、ファッション、スタイルなどに合わせて、仕上がりを想定しながら行わなければなりません。それには技術と知識、コミュニケーション力、感性など、多岐に渡る能力が必要とされます。また、メイクだけでなくヘアスタイリングも担当する仕事も多く、ファッションや美容も含めてトータルに精通していることが求められます。

ヘアスタイリストとの違い

ヘアスタイリストとの違い

メイクアップアーティストがヘアスタイリングもやることが多いなら、じゃあヘアスタイリストって何?と思う人もいるかもしれませんね。ヘアスタイリストとはいわゆる美容師のことで、美容師になるには国家資格である美容師免許を取得しなければならず、そのためには美容系の専門学校を卒業しなければなりません。

一方、メイクアップアーティストになるために必須の国家資格というものはありません。詳しくは「メイクアップアーティストに資格は必須?」でご説明しますが、民間の資格で取得しておいたほうが就職の際に有利になるというものはあります。ただヘアスタイリストと違って、資格がなければ仕事ができないというわけではなく、逆に資格を持っていれば安心ということでもありません。そのため、メイクアップアーティストとして仕事をしている人の中にはメイク専門の学校を出た人もいれば、プロのメイクアップアーティストのもとで修行して一人立ちした人、または独学で学んだ人など、様々な歴史を持った人たちがいます。

メイクアップアーティストの魅力・やりがいって?

メイクアップアーティストという仕事のいちばんの魅力は、自分の腕一本でチャレンジし続けられるところではないでしょうか。例えば映画やCMなどの撮影から結婚式、成人式などメイクを施す相手が誰だったとしても、その人の特別な時間を周囲のスタッフと共に作り上げていくという仕事は、興奮と喜びに満ちています。また、仕事によっては出会ったばかりの人の肌質や特徴、本人の趣味趣向やその現場で求められていることを短時間で把握し、結果を出さなければなりません。これは仕事をする上での大きな魅力でもあり、やりがいであると言えます。

そして、メイクアップの仕事には答えがありません。先輩たちの仕事を知れば知るほど自分の力の足りなさに嘆き、またいくら練習をしても、その日その現場で必要なものをすべて確実に身につけられるという保証はないので努力に終わりはありません。でもそういう明確な答えがない世界だからこそ、自分の力を試すことができ、またその仕事が評価されたときの喜びもひとしおです。

メイクアップアーティストとは、その完成形を自分で作って行く楽しみと喜びがある、本当に面白い仕事だと思います。

PAGE TOP